トップページ > トピックス

トピックス

1

弁護修習のお知らせ

弁護修習のため,当事務所にも司法修習生が1名きます。
司法修習生は,司法試験に合格した後,裁判所,検察庁,法律事務所でそれぞれ研修を行い,最終的に,裁判官か検察官か弁護士になることができます。
当事務所では毎年,司法修習生を受けて入れており,現在は藤原唯人弁護士が指導担当になっています。当事務所での研修は6月中旬まで続きます。
実は4月から弁護修習は開始していましたが,緊急事態宣言のため司法修習生は自宅待機をしていました。緊急事態宣言解除のため,通常の弁護修習を開始することができます。
この間,司法修習生がうちあわせ等に同席させていただくことがありますが,なにとぞご理解くださいますようお願いいたします。

出版のお知らせ(2020年4月1日は受動喫煙からの解放記念日!?)

ストラテジスト永江一石氏、大阪国際がんセンターの田淵貴大Drと、本年4月1日の改正健康増進法施行にあわせて、改正健康増進法の啓発本(kindle版)を出版しましたが、いよいよ紙版が発売されます。

「2020年4月1日は受動喫煙からの解放記念日!?」 出版社:プチレトル

 アマゾンで予約が始まりましたので、是非お求めください(発売日6月5日)。

 こちらからどうぞ。

先行発売のkindle版はおかげさまで好評をいただき、アマゾンの「タバコ・禁煙」部門で長らくベストセラー1位を走り続けました。

レビューもたくさんいただいています。

改正健康増進法の啓発本は類書を見かけません。ぜひご覧になってください。

ラジオ出演のお知らせ

当事務所の藤原唯人弁護士が
新著「2020年4月1日は受動喫煙からの解放記念日!?」の関係でラジオ出演します。

5月14日木曜日
 FM那覇 78.0MHz 16:10頃から
 さくらFM 78.7MHz 22:10頃から

ネットでも視聴できます。是非お聴きください。

さくらFMはこちら

緊急事態宣言発令に伴う対応について

皆様ご存知の通り、4月7日付けで兵庫県を対象として緊急事態宣言が発令されました。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、当事務所において既に対策を採っておりましたが(詳細はこちら)、これに加えて以下の対応をいたします。
 
・本年4月29日から5月6日まで当事務所を休業します(平日としては4月30日と5月1日を休業)。
・本年4月28日までの平日において、当事務所の業務時間帯を午前10時から午後4時30分までに短縮します。
・当事務所スタッフの出勤を交代制とし、出勤者を減らします。
 
以上の対応のため、各種応対についてご不便をおかけする場面もあろうかと存じますが、ご理解くださいますようお願いいたします。
 
皆様におかれましても時節柄お気をつけくださいませ。

「信託フォーラム」に論文が掲載されます

 当事務所の西片和代弁護士が執筆した論文が「信託フォーラム」(日本加除出版)の最新号(4月発売。Vol13)に掲載されます。

「日本の弁護士にとっての信託実務のポテンシャル(可能性・潜在力)アメリカの実情を踏まえて」と題するものです。
アメリカでの信託実務調査の結果を踏まえ、日本の弁護士業務の視
点から、
どのように信託に関わるべきか、潜在的可能性や留意点を論じてい
ます。
是非お手にとってご覧ください。

詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応のため、当事務所において下記の対応を実施いたします。

 
■うちあわせについて
対面式のうちあわせを行う場合、ご希望の場合ご遠慮なくマスクを着用してください。弁護士・司法書士をはじめ当事務所メンバーがマスクを着用して対応する場合もあることご了承ください。
また、顧問先や依頼者の皆様については、非対面式のうちあわせ(電話、ネット通話等)をご希望の場合、対応いたします。
 
■体調管理について
当事務所メンバーが出勤する場合、出勤前に検温し、体調に問題ないことを確認して出勤するようにしているほか、公共交通機関を利用する場合、ラッシュの時間帯を避けて出勤するようにしています。
ご来所の皆様におかれましても、体調が優れない場合は、無理なご来所はご遠慮くださいますようお願いします。
 
■事務所内管理について
会議室の換気を頻繁に行うほか、ドアノブ等のアルコール消毒を実行しています。
お茶についてはペットボトルでのご提供になることご理解お願いします。
 
時節柄、皆様におかれましても、何卒お気をつけくださいますようお願い申し上げます。

横山大輔弁護士加入のお知らせ

  皆様におかれましては、ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、わたしたち神戸パートナーズ法律事務所は、横山大輔弁護士を仲間に迎えました。横山弁護士は、10代で日本と海外を放浪し、20代で高卒認定を経て大学に進学して留学も果たし、30代で商社勤務を経験した異彩の法律家です。グローバルなビジネスセンスと人間力を併せ持つ横山弁護士の加入を機に、これまで以上に皆様のご期待に添えるよう、事務所あげて努力してまいる所存です。
                        神戸パートナーズ法律事務所
                               弁護士 阪本 豊起     
                               弁護士 藤原 唯人
                                弁護士 西片 和代     
                               弁護士 鎌田 裕代
                               司法書士 田谷野 智

 このたび、私は、縁あって、神戸パートナーズ法律事務所に迎えられ、生まれ育ち、司法修習期間を過ごした神戸の地において、新たに執務を開始することとなりました。
本年3月までは、約2年間にわたり桜橋法律事務所にて執務し、企業法務を中心に様々な案件を経験させていただきました。今後は、この経験を活かし、神戸パートナーズ法律事務所の一員としてさらなる自己研鑽に励み、依頼者の皆様から善きパートナーと認めていただけるよう、日々精進して参りたいと存じます。
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

                               弁護士 横山 大輔
 

横山弁護士のプロフィールはこちらをご覧ください。

「2020年4月1日は受動喫煙からの解放記念日!?」を出版します。

 当事務所の藤原唯人弁護士が藤原唯人弁護士が、新たな著書を出版します。

ストラテジスト永江一石氏、及び大阪国際がんセンターの田淵貴大医師と共同で、
「2020年4月1日は受動喫煙からの解放記念日!?」という本を出版します。

 2020年4月1日に、受動喫煙被害からあなたを守るための法律、改正健康増進法施行にあわせ、同法の啓発を目的としています。

・改正健康増進法を知って受動喫煙から身を守りたい方
・身近な人にタバコを止めてほしいと思っている方
・もうこの機会にタバコを辞めたいと思っている方
・加熱式タバコって実際どやねんと疑問な方
は是非ご覧ください。

まずは電子書籍での発売になります。amazonのサイトで予約中です。
受動喫煙被害は、セクハラやパワハラに匹敵する人間関係で生じる重大な人権侵害です。この本が受動喫煙被害がなくなる一助になることを願っています。

「ひょうご仕事と生活の調和」推進企業宣言を行いました

当事務所は,「ひょうご仕事と生活の調和」推進企業宣言を行いました。
これは,公益財団法人兵庫県勤労福祉協会ひょうご仕事と生活センターが主催し,仕事と生活の調和実現を目指す兵庫県内の事業者がその宣言を行い,実際にワークライフバランスの確立に向けて取り組みを行うものです。
その名に恥じないよう,弁護士も事務局もワ
ークライフバランスを確立し,より質の高いリーガルサービスをご提供できるよう精進したいと考えています

IT模擬裁判及び会員向け説明会 に登壇しました

当事務所の藤原唯人弁護士が、兵庫県弁護士会で行われた「IT模擬裁判及び会員向け説明会」において、説明のために登壇しました。

裁判手続においてフェーズ1?3の3段階でIT化(e事件管理・e提出・e法廷のみつのeと呼ばれています)が進められようとしています。本年より、法改正等を行わずに、e法廷を実現するものとしてフェーズ1が順次実施されます。

その内容について藤原弁護士より兵庫県弁護士会の会員向けに説明がなされました。

説明の際に用いられたprezi資料はこちらになります。

1

ページトップへ

トップページへ戻る

カテゴリー