トップページ > トピックス

トピックス

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

CD発売のお知らせ

当事務所の藤原唯人弁護士が歌うCDが発売されました。
神戸の音楽事務所が主催するAMP48プロジェクトという,アマチュアミュージシャンがCDを出すという企画に応募したものです(AMP48プロジェクトについてはこちら)。
ご笑覧ください。

「キンモクセイの記憶」 作詞作曲:SHIROW 歌:藤原唯人 レーベル:神戸AMP
amazonでの販売はこちら

 

 


 

成年後見制度の研修会講師を務めました

 7月18日、当事務所の田谷野司法書士が、神戸市東灘区役所にて、東灘区あんしんすこやかセンターの職員の方を対象とした成年後見制度に関する研修会の講師を務めました。

高齢者に関する相談窓口になっている「あんしんすこやかセンター」の職員の方々に成年後見制度の現状を理解していだくことができ、また、質疑応答や意見交換により現場の声を聞くことができ非常に有意義な研修会になりました。

SGこうべFP倶楽部にて相続問題の講演をしました

 6月13日,当事務所の藤原唯人弁護士が,「SGこうべFP倶楽部」にて「相続問題の考え方 実際の事例に即して」と題する講演を行いました。

「SGこうべFP倶楽部」は,神戸及びその近辺で活動中の,FP(ファイナンシャルプランナー)を主なメンバーとして構成するスタディグループのことで,このスタディグループでの受講がFPの継続研修の一環とされています。
日頃,顧客の資産運用について相談を受けることが多いFPの皆さんにとって,相続法の知識を身に着けるだけではなく,紛争になった場合どのような事態が生じるのか,それはどう解決されるのか,そして紛争にならないようにするには何に気を付ければよいかといった事柄のイメージを持っておくことが,大きな付加価値になると考えます。そうした観点から,?相続問題の頭の整理のしかた,?紛争処理の流れ,?紛争を避けるために行うべきこと,といったポイントについてレクチャーを行いました。
レクチャーは大きな関心を持たれ,活発な質疑がなされました。
 

兵庫県電機商業組合 監事に選任されました

藤原唯人弁護士が,兵庫県電機商業組合の監事に就任することになりました。
同組合の第54回通常総代会において,外部監事として選任されました。同組合は,兵庫県下の地域電気店(街の電気屋さん)1000店超で構成された商業組合で,県内7地方に45支部を擁します。
監事職の役目は,組合員の理事者への信頼を担保することにあると心得ています。こうして理事者のさらなる活躍を支え,ひいては県下の地域電気店の発展の一助になりたいと考えています。

 

結核啓発ハンドブックへのイラスト提供について

神戸市保健所が発行する結核啓発用ハンドブックに,当事務所の事務局スタッフがイラストを提供しました。これらのハンドブックに記載されているイラストすべてを手掛けました。

結核は昔の病気ではありません。ぜひこれらのハンドブックをご覧ください。

詳しくは神戸市のホームページへ → こちら

ハンドブックはこちら 
 → 「結核ハンドブック」(PDF形式:13,269KB)
    「よくわかる潜在性結核感染症」(PDF形式:2,195KB)
 
 
       

出版のお知らせ

当事務所の藤原唯人弁護士が,初の単著を出版します!
イラストレーターが直面する法律問題をできるだけ平易に説き起こした本です。
本の中の挿画は,兵庫県マスコット「はばタン」の作者である,JUNBOwさんにお願いしました。
一度お手にとってみてください。

著作権で迷った時に開く本Q&A イラストレーターのための法律相談(カナリア書房)


 

 

 

「あなたの遺言は大丈夫?」という演題でセミナーを行います

 TLC(生命保険協会認定FP)会の兵庫部会が主催する,平成25年新春一般公開セミナー「備えあれば憂いなし?あなたの備えは大丈夫??」に,当事務所の阪本豊起弁護士が講師として登壇いたします。


「あなたの遺言は大丈夫?」という演台で,高齢者をとりまく社会環境,変化してゆく相続問題などについて,解説を行う予定です。酷い遺言,行き届いた遺言など,阪本弁護士が実際に関わったケースをもとに講演を行います。
一般参加可能ですので,お誘いあわせのうえお越しください。

開催日 平成25年1月26日(土)
    13:00開場 13:30開会
参加費 無料
会場  万葉倶楽部(神戸ハーバーランド温泉) 9階イベントホール
お問い合わせ TLC会兵庫会事務局 078-251-0051 
 

新ひょうご子ども未来プラン推進協議会の委員に選任されました

藤原唯人弁護士が,新ひょうご子ども未来プラン推進協議会の委員に選任されました。
同協議会は,兵庫県が設置する協議会であり,行政,県民,地域団体,企業等における少子対策の実践内容の検討のほか,少子対策の推進に関し必要な事柄を所掌するものです。
これまでの法曹としての実務経験,また子育てをしながら働くいち社会人としての経験をもとに,このような貴重な場に参加させていただく機会を最大限活かしたいと考えています。

新ひょうご子ども未来プランについてはこちら

三極会議に出席

7月15日,当事務所の藤原弁護士が,「三極会議」に出席しました。
これは,日本弁護士連合会,ACRA(中華全国律師協会),CCBE(欧州弁護士会評議会)の三者によって,年に一度持ち回りで行われる会合であり,本年は日本開催であり,開催地が神戸になったものです。
この会合は日弁連の執行部が管轄するものであり,神戸開催とはいえ兵庫県弁護士会会員が招待されるわけではないのですが,兵庫県弁護士会会員のうち英語会話力がある(とされる)会員が招待されることになり,藤原弁護士がそこに連ねられたということわけです。
とはいえ会議については通訳が入るものであることを考えれば,ご招待を受けた趣旨はもっぱら懇親を図ることにあると理解できるところ,この点において,懇親会に出席し,海外のロイヤーと顔つなぎをすることができ,所期の目的は達成できたものと思います。

「SGこうべFP倶楽部」にて相続事件について講演をしました

6月5日,当事務所の藤原唯人弁護士が,「SGこうべFP倶楽部」にて相続事件に関する講演を行いました。「SGこうべFP倶楽部」は,神戸及びその近辺で活動中の,FP(ファイナンシャルプランナー)を主なメンバーとして構成するスタディグループのことで,このスタディグループでの受講がFPの継続研修の一環とされています。
具体的な紛争において,どのような点が争点になり,それがどうやって解決されたか,またこうした紛争を防ぐためにはどうすればよいかという点についてレクチャーを行いました。
日頃,顧客の資産運用について相談を受けることが多いFPの皆さんにとって,こうした問題は関心高く受け止められ,活発な質疑応答がなされました。

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

ページトップへ

トップページへ戻る

カテゴリー