トップページ > 油絵展示の案内

  • 昭和15年 倉敷市に生まれる。
  • 昭和30年

    故・河原修平(師・藤島武二)
    岡本肇(東光会審査委員ル・サロン外国人会員)に師事。

  • 昭和38年

    早稲田大学卒業。名鉄(名古屋鉄道)航空サービス??に入社。
    人生目標の一つ、世界を旅する。

  • 昭和60年 20年ぶりに二つ目の人生目標(絵画)に復帰。
  • 平成2年 東光会奨励賞受賞
  • 平成5年

    「森本計一展」神戸市、神戸市民文化振興財団、NTT後援。
    華道季刊誌「心粧」の表紙を描く。

  • 平成7年

    第2回「パリ展」
    ルーブル美術館入口にある「ミキ」ルーブル店に「早朝のシティ島」展示が始まる。
    「森本計一展」神戸市、神戸市民文化振興財団、P&G後援。

  • 平成8年 森本計一オリジナルバッグが市販される。
  • 平成9年

    第1回「スペイン展」マドリッド
    プラド美術館ペドロ氏により美術誌「CRITICA DE ARTE」に紹介される。

  • 平成10年

    ヨーロッパ美術評論家によるA.M.S.C定期選考会により認められ、国際展へ出品、創作活動支援が決定する。
    日本赤十字社“日赤美術コレクション”に油彩画「早朝のパンテオン」が収蔵される。

  • 平成11年

    「森本計一展」国際画廊 青山ギャラリー(5月)
    「森本計一展」鹿友アートサロン(11月)
    「森本計一展」神戸市・東京海上火災保険??後援

  • 平成12年 エプソン新製品販売ポスターに「シャトウ通りのレストラン」を使用。
  • 平成13年

    「森本計一展」東京 丸善・日本橋店(4月)
    第2回「スペイン展」
    スペインのオークション雑誌に紹介される。

  • 平成14年 「森本計一展」ニューヨーク 日系人会主催。
  • 平成15年 「森本計一展」東京 丸善・日本橋店、神戸(2)、加古川、大阪。
  • 平成16年 「森本計一展」東京 丸善・日本橋店、神戸、ニューヨーク(日系人会)
  • 平成17年 「森本計一展」東京 丸善・丸の内本店、神戸。
  • 平成18年

    「森本計一展」東京 丸善・丸の内本店。
    「森本計一展」大丸神戸店(他 百貨店 開催は、そごう、阪神)

  • 平成19年4月

    丸善・丸の内本店「森本計一展」出品作品の内、「春風大隈講堂」(F100)と「レンヌの花屋」(F100・パリ)2点が母校・早稲田大学創立125周年記念として大学に所蔵される。

  •               
  • 平成20~25年

    「森本計一展」東京 丸善・丸の内本店

  •                        
  • 平成24年6月

    「森本計一ニューヨーク展」アメリカ・ニューヨーク

  •                           
  • 平成24年9月

    「森本計一マドリッド展」スペイン・マドリッド
     「源義経合戦絵図」(絹地、7m)の作品がスペイン国立美術博物館に収蔵される。

  • 現在

    東光会会員
    【個展】パリ・マドリッド・ニューヨーク・東京・大阪・神戸で65回開催

ページトップへ